LINEで送る このページを Google Bookmarks に追加

竹取物語:かぐや姫の昇天(宵打ち過ぎて~)


    (1) 次の単語の読み方を書きなさい

    イ)望月 ロ)内外 ハ)痴れ ニ)十

    (2) 次の単語の意味を答えなさい

    イ)五尺 

    ロ)さかしき

    (3) 望月の明さを十合わせるばかりにて、在る人の毛の穴さへみゆるほどなり。

    イ)傍線部「さへ」の品詞を答えなさい

    ロ)全体を和訳しなさい

    (4) 土より五尺ばかり上がりたるほどに立ち連ねたり

    イ)傍線部「たる」と「たり」の違いを説明しなさい

    ロ)全体を和訳しなさい

    (5) 内外なる人の心ども、物におそはるるようにて、あひ戦はむ心もなかりけり。

    イ)傍線部「なる」と「なかり」の違いを説明しなさい

    ロ)傍線部「るる」の文法上の意味を答えなさい

    ハ)全体を和訳しなさい

    (6) 萎えかかりたる中に、心さかしき者、念じて射むとすれども、ほかざまへ行きけれ

    イ)傍線部「たる」の活用形を答えなさい

    ロ)傍線部「射む」を品詞分解しなさい

    ハ)傍線部「ば」の文法上の意味を答えなさい

    ニ)全体を和訳しなさい

    (7) あひも戦は、心地ただ痴れに痴れてまもりあへ

    イ)傍線部「で」の文法上の意味を答えなさい

    ロ)傍線部「り」の文法上の意味を答えなさい

    ハ)全体を和訳しなさい

    (8) 次の傍線部の品詞が同じものを答えなさい

    イ)十合はせたるばかり

    ロ)毛の穴さへ見ゆるほどなり

    ハ)おそはるるやう

    ニ)手に力もなくなり

    ホ)痴れ痴れて

    (9) 次の選択肢の正誤を答えなさい

    イ)天人たちが降りてきたのは夜中の2時頃だった

    ロ)警護の者たちは天人たちに襲われて負けてしまった

    ハ)無心で弓を射ったので弓は外れてしまった

    ニ)天人からの攻撃を警護の者達はお互いに守り合った