このページを Google Bookmarks に追加

奥の細道(旅立ち)

    (1) 次の単語の意味を書きなさい

    イ) 予

    ロ) 蜘蛛

    ハ) 不二の峰

    ニ) 表八句

    ホ) 紙子

    (2) 「月日は百代の過客にして行き交う年もまた旅人なり」の元になった詩を作った中国(唐)の詩人は誰か 

    (3) それぞれの職業を述べなさい

    イ) 船の上に生涯を浮かべ

    ロ) 馬の口をとらへて老いを迎えるもの

    (4) 古人も多く旅に死せるあり

    イ) 傍線部の「古人」とは誰をさすのか(複数)

    ロ) 傍線部の「死せる」と「あり」の間に省略されている言葉を補いなさい

    (5) 江上の破屋とは具体的にどこにあった何か

    (6) 「白河の関」を超えたい(超えんと)と思ったのはどうしてか

    (7) 「白河の関」「松島の月」の様に特定の地名が盛り込まれた歌(和歌)の技法を何というか

    (8) 「草の戸も住み替わる代ぞ雛の家」

    イ) 傍線部「草の戸」の反対の言葉は何か

    ロ) 全体を和訳しなさい

    (9) 上野・谷中の花の梢またいつかはと心細し

    イ) 傍線部の「またいつかは」の後ろに省略されている言葉を補いなさい

    ロ) なぜ、心細いのかを書きなさい

    (10) 「むつまじきかぎりは宵よりつどひて船に乗りて送る。」を和訳しなさい

    (11) 前途三千里とはどのような意味で使われているか

    (12) 「幻のちまた」と言う表現に用いらている技法と、これを用いた訳を答えなさい

    (13) 「行く春や鳥なき魚の目は涙」

    イ) 全体を和訳しなさい

    ロ) この俳句の元となった詩を作った中国(唐)の詩人は誰か

    (14) 後ろ影見ゆるまでは

    イ) 傍線部の「後ろ影」とあるが、誰の後ろ影か

    ロ) 傍線部「みゆるまでは」の後ろに省略されている言葉を補いなさい

    (15) 次の空欄を埋めなさい

    松尾芭蕉が記した( ① )は( ② )時代の作品であり、ジャンルとしては( ③ )にあたる。 芭蕉は、門人の( ④ )と共に江戸から東北・北陸を経由して( ⑤ )まで6か月をかけて旅をした。 芭蕉の旅を通しての修業は、旅そのものが自分の人生に昇華すると共に( ⑥ )と言う俳諧に対する思想を会得するに至るのである。