このページを Google Bookmarks に追加

奥の細道(平泉~立石寺)

    (1) 次の単語の読みを書きなさい

    イ) 高舘

    ロ) 叢

    ハ) 白毛

    ニ) 甍

    ホ) 巌

    (2) 次の単語の意味を答えなさい

    イ) 頽廃空虚

    ロ) 坊

    ハ) 佳景寂莫

    (3) 三代の栄耀一睡のうちにして、大門の跡はこなたにあり

    イ) 三代とは、奥州藤原氏の(清衡)→(基衡)→( ① )であり、四代目の( ② )の時に滅亡をする。

    ロ) 「三代の栄耀」「一睡のうち」と言う書き方の表現技法を何というか

    ハ) 傍線部の「大門の~」と言う部分は、どのような事をさしているのか

    (4) しばらく千歳の形見となれ

    イ) 「り」の文法上の意味を答えなさい

    ロ) 全体を和訳しなさい

    (5) かねて耳おどろかしたる二堂

    イ) ニ堂とは何をさすのか

    ロ) 「たる」に注意して全体を和訳しなさい

    (6) 五月雨の降り残して光堂

    イ) 傍線部「や」の文法上の意味を答えなさい

    ロ) 「や」の後ろと光堂の間に省略されている言葉を補いなさい

    (7) 以下の傍線部の「べき」の違いについて説明しなさい

    イ) すでに頽廃空虚の草むらとなるべき

    ロ) 一見すべきよし

    (8) 以下の傍線部の「に」の違いを説明しなさい

    イ) 三代の栄耀一睡のうち

    ロ) こなたあり

    ハ) 城春して草青みたり

    ニ) 四面新た囲みて

    ホ) 苔なめらか

    へ) 慈覚大師の開基して

    (9) 「佳景寂莫として」の意味を書きなさい

    (10) 次の空欄を埋めて設問に答えなさい

    夏草や( ① )( ② )

    卯の花に 兼房見ゆる( ③ )

    五月雨や( ④ )光堂

    閑かさや( ⑤ )蝉の声

    イ) 2番目の卯の花~の句を作ったのは誰か

    ロ) それぞれの句の季語を書きなさい

    ハ) それぞれの句に句切れがあれば書きなさい

    (11) 次の空欄を埋めなさい

    松尾芭蕉の東北紀行(奥の細道)は松島を超えて奥州( ① )に入り、かつての栄華を誇った( ① )の跡を偲び、 文中に「一睡の」として、中国の故事である( ② )を引き合いに出している(この②の故事は、江戸時代には「金金先生栄花」や、芥川龍之介に影響を与えた)。 芭蕉が想いを馳せたのは、遠い平安末期から鎌倉初期にかけて黄金と馬により遠く大陸まで名を馳せた( ① )と、平家を壇ノ浦で滅亡させた( ③ )も滅びを免れなかった と言う古来からの倣いでもあろう。同じく、芭蕉は作中で「城春にして草青みたり」と ( ④ )の( ⑤ )による有名な漢詩(五言律詩)の( ⑥ )の一節を用いて一句を詠んでいる。 そして、一行は今の山形県である( ⑦ )へと向かう。かつての栄耀栄華を誇った中尊寺に対して、厳しい断崖絶壁の岩山の寺院と林立する木々の中で、 芭蕉は自己の集中が徹底して周りの音に没入していく。 その様を表した表現が、「夏草や( ⑧ )」と言う形で顕れてきているのであろう。