このページを Google Bookmarks に追加

○○の女


    女流文学を始めとして、主に文学史をしている際に出てくる「○○の女」と言う表現

    有名どころとして「藤原倫寧の女」「藤原俊成の女」「菅原孝標の女」などを挙げる事が出来ますが………

    藤原倫寧の彼女(?)

    藤原俊成の彼女(?)

    菅原孝標の彼女(?)

    と考えてしまう訳ですが……

    正解は「○○の娘さん・お嬢さん」と言う意味です。

    ですから、「○○の女」と言うのは「○○のムスメ」と読む事になります。

    分かってしまえば、何という事も無いわけですが(幽霊の正体見たり枯れ尾花)、当時の貴族社会では実家の父親の地位(や財産)が 重要なポイントでしたから、「○○の娘」と言う表現もそんな事を反映した表現であるのですね、と。

    ちなみに、

    「藤原倫寧の女」は「蜻蛉日記」の作者で藤原道綱の母、「右大将道綱の母」「藤原道綱の母」と表記される事も。(ここでも○○の母ですなぁ)

    「藤原俊成の女」は「建春門院中納言日記(あるいは「たまきはる」と別称)」の作者、藤原俊成は藤原定家の父親で千載集の選者で「幽玄」の提唱者。
    (ただし、藤原俊成の女は実際には俊成の孫にあたる。(和歌の)能力的に俊成に匹敵すると言う評価から「俊成」を継ぐ者と言う意味で「藤原俊成の女」とされた)

    「菅原孝標の女」は「更級日記」の作者、作者自身は源氏物語を愛好し、更級日記は「夢」を多く書いてある日記とも。