このページを Google Bookmarks に追加

偉い人は自分で動きません


    今の時代も、昔の時代も偉い人は自分で何かをすると言う事は極力限られておりました。
    それは、汚いことはしないと言う事が大前提にあった部分でもありますが(孔子の「男子厨房に入らず」もそう言う文脈でしょう) 社会が安定化してくると、儀式的・形式的な事が増えて自ら自由にする事が難しくなった事の裏返しでもあります。 (もっと穿った見方をすれば、偉い人に責任が及ぶのを回避していたとも考えられるところw)

    そんな訳で、当時の偉い人がする事は非常に限定されてきます。

    それが、古文のテストにどうした(?)と言う事になりそうなので、結論を急ぎますが

    「敬語」

    要するに、「敬語」の判断をする際に、「その行為」を敬語として判断して良いの?と言う部分(いわゆる識別と言うやつですな)に繋がってきます。

    「徒然草 五十一段 大井の土民に仰せて」の中に

    大井の土民に仰せて、水車を造らせられけり。

    と言う部分が出てきます。「仰せ(て)」は尊敬語で良いでしょうが「造らられ」の部分は??と。

    この「せ」を尊敬語(尊敬の助動詞)と考えるのか?

    あるいは、使役(の助動詞)と考えるのか?

    これを自分で造った(一応、この部分の主語は後嵯峨院とされていますが)と考えれば、「尊敬語」

    誰かに造らせたと考えれば「使役」と

    当然、後嵯峨院と言う当時のVIP中のVIPが自分で水車を造るなどと言う事はありません。
    フランス革命で死んだルイ16世みたいに”自分で鍵をいじるのが好き”な人であれば別ですが、偉い人が泥で汚れる様な(汗をかくような)大仕事を自らする訳はないのです。

    ですから、水車造りは誰かに命じてやらせた筈なので、ここの「造らられ」の「せ」は「使役の助動詞の未然形」となる訳です。
    (プラス、「られ」を尊敬ではなく、受け身とする事は可能か?と言う事も出てきますが、 もし後嵯峨院が水車を造らされるとして、「水車」の前にある「土民に仰せて、」の部分と繋がらなくなりますから、「られ」は尊敬と。)

    しかし………これが微妙な例も……

    同じく、「徒然草 十段 家居のつきづきしく」の中に

    後徳大寺大臣の、寝殿に、鳶ゐさせじとて縄をはられたりけるを

    と言う部分が出てきます。「はられ」の「れ」はいかに?

    単純に考えれば「尊敬」と言う事で済みますが、先ほどの事を考えると「自分で縄を張ったの?」とも読める訳です。
    「れ」に、受け身・可能・自発・尊敬とある中で、「受け身・可能・自発」の3つを当てはめると当てはまらないので、「尊敬」しかとれない訳ですが、
    そういう意味では何となく釈然としない部分ともなってはきます。
    (もちろん、言葉の問題として、より適切な意味を考えると言う事からは矛盾はしないのですが)

    ここでは、あえて後徳大寺左大臣の例を持ってきましたが、基本的に「偉い人は自分で動かない(何もしない)」と言う原則は大部分で機能しますから、 1つの考え方として覚えて頂くと良いかと思います。