このページを Google Bookmarks に追加

AO入試の小論文には何を書くのか?


    AO入試の小論文に何を書くのか?と言う事については、文系・理系で求められる要素や課題を異にしてきますが、 平ったく言うならば、今まで自分が取り組んできた成果(業績)と小論文との課題とをリンクさせて 自己をアピール(自分は能力があるので入学に値する人物であると言う事)してください、と言う事になります。

    ①:例えば、文学部や理工系学部などの課題ではストレートにこれまで取り組んできた(すなわち書くこと)成果を語れ、と言うものがあったりします。
    ②:語学系では、課題図書が提示されて、その内容と今までの自分の取り組み(語学習得との関係)が問われる事や
    ③:法学系では、論理力や表現力に対する資質を問う事や、広く社会に対する関心の程度を図るもの
    ④:建築系では、ストレートにデッサンや作図と言ったものを問うもの

    等々、これは学部・学科で内容は違ってきますが、
    まずもって、「今までに取り組んで来た事による一定の成果」と言う事と、 「入ってからも、それまでの延長として一定の成果を出す事が出来るだろう」と推認される能力を有する事 を確かめる内容が課されるという事を心に留めておく必要があります。